ミンジェはテソプの元彼女であるチェヨンに、考え直すようにとのメールを送る。しかし返ってきたのは、チェヨンの返事ではなく、テソプの冷たい視線と怒りに満ちた恨みのみだった。自分の言葉は不要だという息子の言葉を聞き、継母として抱いていた自責の念や被害者意識が、より傷つくのだった。一方、姑は再び訪れた夫に怒りをぶつける。また家族たちも、祖父の予想外の行動に振り回され、一家は大騒動に巻き込まれてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001