ホソプは自分のことを無視するヨンジュに、常識がなっていないと言い怒りをぶつける。しかしヨンジュは、初対面のときにホソプのほうが最初に無視したと主張し、その理由を問い正すのだが、テソプは絶対に答えられないと言うのみであった。一方、テソプの家を訪ねたチェヨンのことを、ミンジェは一度会いたかったと言って喜んで迎え入れる。そこでチェヨンは、テソプと結婚したいと切り出して、両親たちに力添えを求めるのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001