ビョンテの母が夫を力強く押してしまったため、2人は抱き合ったまま倒れるという気恥ずかしい状況になってしまう。ビョンテは、その現場を目撃してしまうのだが、気まずさで何も言えずに立ち尽くすのみであった。父親の痛がる様子にビョンテとビョンゴルは骨折したものだと思い込み急いで病院に向かう。しかし家から出発するなり、父親から腹が減ったと言われ飲食店に向かうのだが、食事だけでなく焼酎まで注文する始末であった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001