ビョンテの母親が、いきなり夫を自分の住む建物に来させるよう伝えたことに家族全員は驚くばかりだった。ビョンゴルに至っては女性の心は読めないとまで言い、2人が一緒に部屋を使うものだと思い込むのだった。一方、ビョンテの父親は、ひげをそるなど支度に余念がなく、朝食を忘れてしまうほど気分がよかったのだが、いざ行ってみると、ビョンテの母親は戸に触れることさえも許さず、1人で縁側で寝るように伝えるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001