ギョンスの母親は、ついにテソプの前に現れて、すぐにギョンスから離れるように求める。そのうえで前妻との復縁が決まったことをテソプに告げ、確かな答えが聞きたいと詰めよるのだった。対するテソプは震える唇をかみしめ、分かったと答えてしまう。一方、ミンジェはヨンジュがフリーだったらテソプの絶好の相手だと言うのだが、夫のビョンテは相手がいようといまいと、当人同士に気持ちがなければ、まったく意味がないと応じる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001