肘を擦りむいたジナをなだめながら、ばんそうこうを貼ってあげるミンジェ。ビョンゴルは自分のせいではないと主張し、ホソプに対して、楽しく遊んでいたのに水をさされたと言って厳しく責任を追及するのであった。一方、ビョンテはテソプに対して申し訳ないと謝罪しながら、もっと早いうちに腹を割って話すべきだったと悔いる。そして今まで1人で苦しみに耐えているテソプのことを知らなかった事実を反省すると言うのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001