自分は結婚相手として欠点が多いため、ふさわしくないと言うヨンジュに対して、テソプは自らを信じてほしいと頼む。そして、いつか自分が大当たりだと思う日が来ると強調するのだった。結局、ヨンジュはホソプのプロポーズを受け入れ結婚を決意して、正式に挨拶に向かうことになる。一方、そんなホソプの結婚話を聞いたテソプは、自分が同性愛者だということで、ギョンスの妹と同じく結婚に支障が出るのではないかと心配する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001