テソプと一緒にいるギョンスの元に、ギョンスの母親から電話がかかってくる。2人でいる旨を伝えると、すぐテソプと一緒に来いと言われる。1人で行ってくると告げるギョンスに対してテソプは、もう避けることはしたくないため一緒に行くと答えるのだった。スイルは背中を向けて寝ているジヘを抱き締めようとするが、その手を叩かれる。ジヘは裏切られたことを絶対に忘れないと言い、スイルに対して即座に出ていけと叫ぶのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001