ソクヒョンと共同作業することになったナヒョンが家に来た。夜、ナヒョンが寝ぼけてソクヒョンのベットに潜り込んだのだったが、朝、それを見たヨルメは、ソクヒョンのベットに寝ているナヒョンを見て誤解する。
ナヒョンがソクヒョンに興味を持っているとヨルメに告げるとヨルメの心情は穏やかではいられない。正直で若いナヒョンに嫉妬するヨルメ。仕事にも集中できないでいた。
もどかしさを感じていたヨルメは、ついに自分の本心をソクヒョンに話す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001