チュンチュを救うためにキルダルと一騎打ちをしたユシンは致命傷を負い、鬼門の本営に行きピヒョン郎の助けを受けることに。一方、思道太后は自分の権力を守るため、真平王の弟である葛文王とトンマンの国婚を進めようとしている。しかし葛文王は、華やかな宴会場で狂気を感じさせ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001