チュンチュを助けるため鬼門討伐に出たヨンチュンは、腹違いの弟であるピヒョン郎と刀を交える運命に。一方、百済が新羅のカジャム城を攻撃してきて、新羅は国家的危機を迎える。しかし新羅の朝廷は救援兵を送らず、これに怒ったユシンはピヒョン郎たちと一緒にカジャム城に向かうが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001