悪党一味が王宮に侵入したと知った真平王は反乱の首謀者としてピヒョン郎の名前を挙げる。キルダルに怪我をさせられユシンは世話になったチョングァンニョに愛を感じるようになる。一方、ユシンとチュンチュは前方花郎のヨムジャンが高句麗陣営を攻撃し捕虜になったことを知り、馬に乗って敵陣に向かうが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001