葛文王を欺き王室に背いた罪で、チュンチュは思道太后により処罰される。思道太后はチュンチュの命を担保に、真平王にククパンとトンマンの国婚を勧め、真平王は悩む。チュンチュは葛文王が王座に上がるのを阻止するために花郎を集めて国婚反対を主導する。一方、スクルチョンはユシンに、彼を自身の血筋と認める代わりに、チュンチュが主導するする国婚反対の花郎たちを鎮圧させようとするが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001