一緒に三韓統一を約束したユシンが大義を裏切って国婚反対を鎮圧したことに、チュンチュは大きなショックを受け絶縁を宣言する。ユシンの信義を捨てたという事実にチョングァンニョはユシンに別れを告げ、その間にキルダルはチョングァンニョを拉致してユシンを殺そうとする。一方、花郎徒から破門になったチュンチュは、ユシンに裏切られた傷を抱えたまま徐羅伐を離れることになるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001