トンマンとチュンチュが百済のウィジャ王子と同盟の密約を交わしている場にスンマンが押しかけてくる。高句麗の侵攻に対抗するためには百済と組むべきだと説くトンマン。そしてトンマンが高句麗の娘臂城への出征が決まると、スンマンは百済武王に密書を送る。しかし何も記されていなかった密書に怒った武王は、ミョランに剣を向け…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001