チュンチュは同盟を破った百済のウィジャ王子に剣を突きつけ、高句麗軍との決戦を心に決める。 新羅朝廷は戻ってくるよう命じるが、トンマンは財物を集め、戦地に兵糧を送る。高句麗の娘臂城では新羅と高句麗軍の生死を分ける決戦が繰り広げられていた。一方、スンマンはウィジャ王子の首を斬ってこなかったユシンに逆心を追及する。チュンチュは冷たい亡がらになったコムグンを見て…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001