チュンチュは、米に砂を混ぜたという寃罪を被って死んだコムグンの背後を調べる過程で、ペクソクがスンマンと結託した勢力であることを知る。一方、新羅朝廷では娘臂城での勝利の功を称えて鬼門の兵たちに新羅の百姓としての身分を与えることが約束され、ピヒョン郎は鬼門を解散する。だが太子揀択を祈願する場で龍の幻が現れ、マナが王室の血筋ではないということを叫ぶと、スンマンは出生の秘密がばれてしまうことを恐れて、鬼門を惨殺しようと考える。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001