マナの立太子に反対するチュンチュは、スンマンが百済に送った密書を真平王に渡す。それを見た真平王は反逆罪でスンマンを廃位させる。ピヒョン郎は鬼門を討伐した新羅朝廷に復讐を誓ってスンマンと手を組み、スンマンは幽閉地でチルソクとソクプンをはじめとする牟梁部を訓練させる。一方、トンマン率いる臣たちが、チュンチュを王に推戴しようとし、スンマンが新羅王宮に戻ってくるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001