真平王の偽の勅書を見せて新羅王宮に戻ったスンマンは、真平王に媚薬を飲ませ意識をもうろうとさせる。チルスクとソクプムの軍が新羅王宮を襲撃し、その隙をついてスンマンはマナを太子に立てようとする。それに怒ったトンマンはスンマンに対抗するが、止めようとしたホリムが負傷してしまう。チュンチュはスンマンと結託したピヒョン郎に剣を向け…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001