スンマンの反乱によって新羅の朝廷がトンマンとスンマンの二つの勢力に分かれることに。ユシンは反乱を鎮圧するためにチルスクとソップムの軍勢と接戦を繰り広げ王宮に進撃し、スンマンは人質の民を一人二人と手にかけ始める。罪のない人々の犠牲を防ぐために、チュンチュはトンマンに元子の即位式を挙行することを提案する。しかし、ピヒョン郎が元子がスンマンの実の息子ではないと明らかにし…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001