ピヒョン郎はヨナを救うために、真平王を還宮させ、真平王はスンマンの要求に応じて摂政を認める。チュンチュは、スンマンの反乱を鎮圧するために、ピダムの兵を借りに行く。しかしピダムは、兵を貸す条件として新羅の朝廷を求める。これを受けてトンマンは、スンマンの反乱を自ら鎮圧すると花郎徒を率いて先陣を切るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001