ピダムの兵士たちが援軍として現れ、スンマンの反乱軍に押されていたチュンチュの花郎徒たちを救い出す。ユシンがピダムの腹の内を疑う中、ピダムは元子がスンマンの実子ではないことを明らかにしてトンマンが王位を継承すべきだと主張する。チュンチュは"賤奴の世界"を作るというピヒョン郎の夢は閉ざされたが、賤奴のために願いを聞いてほしいと言う。しかし、トンマンがチュンチュに謀反の意思があると疑われ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001