ピヒョン郎の死のみならず、チルスクとミョランまでピダムの兵の手により命を落とす、遂にはスンマンの反乱が鎮圧されることになる。一方、元子が正当な継承者かどうかの問題に新羅の朝廷は混乱に包まれる。トンマンは混乱をおさめるには元子が死ぬしかないと主張する。スンマンは、元子に毒を飲ませ、反逆罪に処せられ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001