ピヒョン郎の死後、ピダムはユシンに対しトンマンを王位に就かせようと提案する。トンマンは、スンマンの娘であるヨナを真平王の侍女にさせる。一方、トンマンの即位を巡って新羅の朝廷では保守派と改革派が対立する構図となり、ピダムはトンマン即位に反対する臣僚たちを殺害する。そして、真平王がこの世を去り、遂にトンマンが王位に就くことになるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001