百済軍が大耶城を攻めてきたが、チュンチュの息子ポンミンは、新羅軍の先鋒将として戦い大活躍をする。ヨナは徐羅伐の真の権力者はチュンチュだという噂を流してピダムを怒らせ、ピダムは百済軍の攻撃を前に、自分に内緒で会合を行ったという理由で、チュンチュを反逆罪で弾劾しようとする。一方、ヨナから手紙を受けたポンミンが徐羅伐に行っている間、百済軍は大耶城の内部に密偵を潜り込ませ、新羅軍で内乱が起こるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001