徐羅伐でヨナと楽しいひとときを過ごしたポンミンは、百済軍が大耶城を攻撃したと聞き、衝撃を受ける。ピダムが指揮を取る新羅朝廷は、大耶城に援軍を送らないことを決め、これに憤慨したポンミンはピダムに刀を突きつける。一方、チュンチュの父であるヨンチュンは孫娘を救うため大耶城へ向かい、義慈王はチュンチュへの復讐を決意する。中には密偵が潜み、外には復讐心を燃やす義慈王がいる。果たして大耶城の運命は?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001