チュンチュはピダムの申し出を断り、ピダムはチュンチュを陥れるための別の策を立てる。この時、高句麗と戦争をしていた唐は、新羅にも出征の要請をする。高句麗と唐、百済の間で岐路に立たされた新羅朝廷の運命はどうなるのか。一方、父と絶縁したポンミンはユシンにつくことに。この頃、徐羅伐の町にはチュンチュを王に推戴すべきだと書かれた紙が貼られ、善徳女王もチュンチュに疑いを持つように…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001