ピダムの攻撃を防いだチュンチュとユシン。しかし新羅朝廷は再び2人の関係を疑い始め、上大等(サンデドゥン)になったアルチョンは政敵のチュンチュをけん制し始める。また自分をめぐる論争の中で、チュンチュ自身も王位への野心を抱く。一方、ピダムの命令を受けたヨナはチュンチュ暗殺を企て、それにはまったチュンチュは毒を飲み命の危機に瀕するが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001