負け続けたピダムは新羅辺境に陣取り再起を狙う。ピダム軍の大将たちは、このままピダムに従うか葛藤し、ピダムが新羅を危機に陥れることができると見た義慈(ウィジャ)王はピダムに百済に亡命するよう懐柔する。一方、ピダムを追ったチュンチュとユシンはピダムに最後の一撃を与える準備を急ぐ。終焉を迎えるピダムの反乱、その結果は?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001