無事に帰国したチュンチュは自分を暗殺しようとした黒幕を探す過程で上大等(サンデドゥン)アルチョンと対立することになり、唐で様々な政治的条約を結んで帰国したチュンチュは新羅朝廷に親唐の風を起こし、ついにキム・ユシンとも仲たがいしてしまう。一方、太宗(李世民)が逝去して即位した高宗に唐の年号を使うよう圧力をかけられ、新羅朝廷は再び葛藤に陥るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001