ついにキム・ユシンはチュンチュと決別し、ユシンの支持を得られなかったチュンチュは和白会議への出席を諦める。これに朝廷の官僚たちはアルチョンを摂政に推す。一方、高句麗のヨン・ゲソムンはアルチョンと密かに接触し新羅朝廷の親唐派を殺す機会を模索し、新羅朝廷が親唐と反唐の対立で葛藤している間に百済と高句麗も同盟を結び、三韓の地に戦争の気勢が漂うが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001