ケベクは黄山伐(ファンサンボル)に陣を構え新羅軍を迎え撃つ。キム・ユシンはケベクの考えが読めず進撃を躊躇し、ポンミンは単独行動をしてケベクの罠にはまる。一方、唐の大将・蘇定方はユシンより先に泗ビ城(サビソン)を攻撃したい思いから航路を急ぎ、百済の大将に弱点を見せてしまう。百済が有利な状況で義慈(ウィジャ)王の息子たちは太子の座を巡って内紛を起こす。果たして百済の運命は?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001