唐の大将・蘇定方は新羅との合意なく百済王に宣戦布告し三韓を侵略しようという野心を見せる。チュンチュとユシンは唐と同盟を維持する一方、泗ビ城(サビソン)を先に陥落させようと攻撃するが、ケベクの決死の抗戦に行き詰まる。一方、蘇定方は破竹の勢いで泗ビ城(サビソン)へ向かい、唐軍と新羅軍が落ち合う予定日が翌日に迫る。果たしてユシンはケベクに勝ち、唐軍をけん制できるのか?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001