義慈(ウィジャ)王からじかに降参の意を聞くために出廷したチュンチュ(太宗武烈王)は唐の大将・蘇定方の勢いを抑え、羅唐同盟のかじ取りに成功する。しかし唐軍が泗ビ城(サビソン)略奪の先頭に立ち、百済の民が動揺するとチュンチュも嫌な気分になる。一方、蘇定方は新羅を攻略するためにキム・ユシンを引きこむ策を企て、唐の高宗は百済を管轄する都督を送り込む。危機に瀕した羅唐同盟の結末は?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001