唐の皇帝は百済を植民地にしようとする。これに怒ったキム・ユシンは唐軍と一線を交えようと決意するが、羅唐同盟を優先させるチュンチュ(太宗武烈王)と対立する。結局、戦場からユシンを呼び戻すチュンチュ。しかしユシンは独断で百済都督を暗殺しようとする。百済反乱軍と日本軍、高句麗軍の反撃が始まるなか、分裂し始めた新羅軍と唐軍の運命は…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001