百済反乱軍と日本軍、高句麗軍が近づくなか、やっとのことで朝廷分裂の危機を収拾したチュンチュ(太宗武烈王)。しかしキム・ユシンは病を口実に出兵せず、新羅にユシンが反逆を企てていると噂が流れる。一方、日本から戻った百済の王子プヨプンは百済反乱軍を集めて唐軍を撃破し、チュンチュはユシンに会って戻る途中、刺客に襲われるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001