新羅朝廷の親唐派が弟のインムンを王にしようとしていることを知ったポンミンは、彼らを連行して罪を問おうとするが、逆にチュンチュ(太宗武烈王)の怒りを買い、王子の座を奪われ兵も奪われてしまう。反唐派の中心であるユシンとポンミンが力を失うや唐の高宗は高句麗へ侵攻し、チュンチュは反唐派を除いた高句麗征討軍を組織する。それを聞いたユシンとポンミンは親唐派に攻撃を仕掛けるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001