挙兵したユシンとポンミンは親唐派の中心人物であるキム・ジンジュに逃げられ、少ない兵力で孤立してしまう。2人の挙兵を聞いたチュンチュ(太宗武烈王)は考え直させようと努力するがうまくいかず朝廷の内紛は大きくなっていく。一方、唐の高宗は高句麗に侵攻し、高句麗もこれを防ごうと備える。百済復興軍はプヨプン王子と腹心の間で分裂の危機に瀕するなど三韓の地に再び戦乱の空気が漂うが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001