チュンチュは北漢山城で反唐派勢力と対面するが、反唐派はチュンチュはとの全面戦争を避けて陣を移す。兵力不足の反唐派は泗ビ城(サビソン)に応援に向かった新羅軍を抱き込もうと考え、その過程でインムンを捕える。大将を失った親唐派勢力が混乱に陥るなか、チュンチュは自分の死期が迫っていることを感じユシンとポンミンに最後通牒を送るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001