看守長を誤って殴り殺し、死刑を執行されたはずの自分が、交通事故から目覚めた瞬間に戻ってしまったことに混乱するガンチル。周りでは看守長を殴り殺す前に起きたことが同じように起き、看守長を殴ることなく、ガンチルとグクスは無事に出所する。一方、ジナは父親のミンシクとケンカして家に帰る途中、運転していた車がどしゃぶりの中で動かなくなってしまう。飼い犬のテンイが向かった廃屋に入ると、そこにはガンチルがいた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001