統営(トンヨン)で母親と一緒に暮らすことにしたガンチルは、刑務所時代に取得した技術を生かして家の修理の仕事を始める。そんなガンチルの前に看守長がやってきてガンチルをソウルの病院に連れていく。一方、ジナは交通事故の被害者が分かったとの連絡を受けてソウルの病院に向かう。そこで被害者がガンチルであり肝臓ガンにおかされていることを知る。病院で検査を受けたガンチルは自分が肝臓ガンだと知らされてショックを受ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001