ガンチルは江原道(カンウォンド)に行く前に親孝行をしようと、母と1泊旅行に出かける。そしてその晩、ジナと一緒に江原道に行くことを告げる。グクスは統営(トンヨン)に戻り、1人になったガンチルの母と暮らすことにする。江原道に到着したガンチルはジナにプロポーズをして、2人きりの時間を過ごす。ガンにむしばまれたガンチルの体は、無理をすると状態が悪化してしまうが、ジナの看病のもと、今この瞬間に奇跡を起こし続けながら時間を重ねていく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001