高宗の行動に腹を立てた大院君。それを高宗は王妃のせいだと明成皇后を責める。しかし明成皇后は、一国の王として当然の行動だったと話す。しかし親不孝をしたと心配する高宗。
父子の不和により宮殿内が騒がしくなると、この状況を打破できるのは自分だけだと気付いた高宗は、大院君に謝りに行く。しかしその行動を明成皇后の差し金だと思い、快く思わない大院君は高宗に、李尚宮の子を嫡子としようと持ちかけ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001