高宗は明成皇后から教わった知識と情報を、誇らしげに話し始める。そして、自分は父に従うので、今の改革政策を続けるよう話す。
一方、大王大妃は大院君に、していることが過激だと言い、「大院君が王位を狙っている」という噂まで出ていると責める。大院君に対する不満が上がり始めると、閔升鎬は王妃に、今が大院君を追い出す機会だと話す。
高宗と明成皇后を訪ねた大院君は、「2つの望みのうち1つが叶ったから退く」と話す。そしてもう1つが嫡子を立てることだと言い…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001