どういうわけか大院君は、崔益鉉が出した上訴をそのまま高宗に渡すよう命じる。しかしそれを見た高宗は大院君の考えが分かっていないのか、崔益鉉は正しいことを言ったとし、戸曹参判に任命すると言い出す。
その間、明成皇后は娘を産むがその子も死に、完和君が嫡子になるのは時間の問題だった。その後、明成皇后は懐妊したという知らせが出ても、誰も気には留めない。
崔益鉉の件で久々に王らしいことをできたと喜ぶ高宗に明成皇后は、「王らしい王になるには大院君を退かせるべきだ」と話し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001