「今の改革を続ければ、数年後には西洋のどこもが軽視できなくなる大国にできる」と高宗に話す大院君。大院君の行動が国と王のためであると知っていた高宗は、明成皇后との約束を破り退いてしまう。
明成皇后は高宗が退いたため、自分とお腹の子の立場が危ういと感じ、崔益鉉に二度目の上訴を出すよう指示する。二度目の上訴には大院君の名前が名指しで書かれていた。
一方、大王大妃は、高宗の言葉一つに人の命が懸かっているとし、雲ヒョン宮との関係を断つよう話す。大殿に向かった大院君は、硬く閉ざされた門を無理やり突破するが、明成皇后が立ち塞がり…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001