専用の門を封鎖され腹が立つ大院君の部下は、扉を壊してでも入ろうとするが、殿下のいる場所に傷はつけられないと、大殿をあとにする大院君。高宗は、大院君が門を突破してきたら反逆とみなして親子の縁を切ると話す。
明成皇后は親不孝をしたとし、雲ヒョン宮に向かって席藁待罪をする。そして大院君が都を離れるまで席藁待罪は続けると決意する。大院君は高宗の裏切りと怒りにより、とうとう血を吐いてしまい…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001