高宗に会い誤解を解き和解しようと考える大院君は、病気を理由に雲ヒョン宮に留まり、それを聞いた高宗は心が揺れる。しかし大王大妃は大院君を追い出す計画を立てる。 雲ヒョン宮に留まりたいと願う大院君だが、その願いは高宗の耳には入らない。
放火犯を捜すうちに、大院君の腹心である河靖一の名が上がり、大院君は自分が去らない限り雲ヒョン宮の人々がつらい思いをするだけだと、去る決心をする。そして大院君の願いに耳を貸さない高宗に、府大夫人も呆れて大院君と共に去る。
一方、明成皇后に陣痛が始まり、念願の息子(後の純宗)を産むのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001