日本の船が釜山に停泊し修交を求めると、朝廷では二つの意見に分かれた。既存の書契とは内容が違っているため修交は受け入れられないという意見と、新たな政事体勢を整え、日本と敵対するより和解をしようという意見だ。しかし結論は出ず、日本の船は釜山を離れる。本来なら明成皇后に知らせる高宗だが、なぜかそれを知らせない。しかも高宗は、世話役のチャン内人の行動に興味を持ち始め笑みを浮かべる。
そんな中、日本の雲楊号が再び上陸し、日本軍と朝鮮軍の戦闘が繰り広げられ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001