雲揚号事件後も日本と修交すべきか議論が交わされるが、結局日本の動向を探った後で議論することでまとめる朝廷。
一方、高宗は興寅君の言葉通り、大院君と明成皇后に距離を置き始める。そしてチャン内人がとうとう、高宗と一夜を共にする。これを知っても知らない振りをする明成皇后。
大院君は、日本が退いた理由は朝鮮を恐れたからではなく、再び侵略してくるだろうとし、開国はただの政事ではなく国の命運を懸ける事であり、もし開国するなら自分を殺さなければできないと言い…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001